REPORT

悩みや不安はいろいろ。
先輩たちは
どのようにして
就活写真を撮ったのか?

2018年度卒業のみなさんに、それぞれのセルフィット体験を聞いてみました。

CASE01

お悩みポイント

顔が光でいつも真っ白になってしまいます。

メイクのポイント

華やかな雰囲気の顔立ちも、就活においてはやや派手な印象に。目元、チーク、リップは素材を活かし、色味やトーンを整えました。下がり眉も太さをコントロールすることで優しい印象を残し、保育士さんに適した好印象なイメージに。髪はハーフアップで毛先までツヤを出し、作り過ぎない自然なスタイルに仕上げました。

撮影ポイント

保育士を志望されていて、優しい雰囲気がご希望だった為口角を上げてもらい、お顔の角度も少し上げてもらいました。目元はしっかりと力を入れてもらい、優しくも印象の強い一枚を意識しました。

体験者のコメント

チークなど、しっかりとしていただき、いつもよりハッキリとした写真になりました。

CASE02

お悩みポイント

印象の良い表情で写真が撮れるかが心配です。

メイクのポイント

整った顔立ちも髪が全体にペタッとし、パサ付いた印象から元気がなく見えがち。トップからサイドにかけて毛流れを整え、前髪に柔らかい質感を表現することで、優しさの中にやる気が伝わるイメージにしています。眉も左右差の少ないキレイなバランスも、隙間のせいで顔全体の印象が薄くなりがちに。隙間を描き足すことで、顔に締りが生まれ目力が増してきます。

撮影ポイント

笑顔が苦手で、印象良く撮れるか心配とのことでしたので、緊張をほぐし、口角を上げてもらえるようにお声掛けしながら撮影しました。あごを引いてもらう事で、笑顔にしっかりした印象がプラスできました。

体験者のコメント

笑顔が苦手なので、アドバイスしていただきながらの撮影だったので助かりました。やはり、プロに写真を撮ってもらうべきだと思いました。

CASE03

お悩みポイント

自分に似合うメイクがわからないです。

メイクのポイント

元々まとまったショートヘアも目の近くに下りてきた前髪が表情に影を落としています。分け目を少しずらし耳をしっかり見せたことで、清潔感があり学生らしい若々しく、さわやかな印象になります。普段のナチュラルメイクの中にも眉の太さで左右差を整え、チーク、リップによる血色、まつげのカールで目に光を集めることで明るさと元気が表現され、どの業界にもマッチする好印象になります。

撮影ポイント

明るい印象を希望されていたので、笑顔のカットを多めに撮影を進めました。髪型がすっきりとしているので、その分表情は優しく「一緒に働きたい」と言ってもらえる写真を目指しました。

体験者のコメント

自分の要望に応えた撮影をしてくれる点が良かったです。

CASE04

お悩みポイント

自分の写りの良い角度や表情を見つけるのに時間が掛かってしまうことです。

メイクのポイント

前髪のセットを立ち上げることで、より表情に明るさを出しました。また、顔立ちに合わせたヘアセットは、サイド、トップのボリュームを整えることで、清潔感が増し、誠実さとフレッシュさをアピールしています。男性らしい眉も、形を整え隙間を描き足すことで、好印象なスタイルに仕上げています。

撮影ポイント

商社を志望されているという事で、溌剌とした印象の中にもしっかりとした印象が写るよう、姿勢と目力のアドバイスをしながら撮影しました。口元は口角を控えめにあげてもらいきりりとした印象に。

体験者のコメント

撮影が終了後に、カメラマンと撮影したデータを確認できるところがよかったです。

CASE05

お悩みポイント

顔がきつい印象に見えてしまうことです。

メイクのポイント

眉に立体感やグラデーションを出し、アイメイクや眉、鼻筋を整えることで柔らかい雰囲気から全体的に締りのある印象にしました。ヘアセットは全体にツヤとボリュームを調整し、前髪を自然に流すことで表情に余裕と女性らしい華やかさをプラスしています。

撮影ポイント

「きつい印象に見えやすい」とおっしゃっていたので、口角をしっかり上げてもらい、少し目元から笑うような表情を意識してもらいました。エアライン業界を志望されていたので、柔らかさと女性らしさが出るように撮影しました。

体験者のコメント

ヘアメイクを丁寧にしてくださり、どういうイメージがいいのか一緒に考えながら親身になってくださるところが嬉しかったです。