平山 阿弓

お客様一人ひとりの魅力と自信を
ひとつでも多く
導き出すために。

様々なシーンでの撮影プランがある中で、時にはうまく表情を出すことができず写真を撮るのが苦手な方や、お化粧の仕方に自信のない方も多くいらっしゃいます。そんな時にカウンセリングやヘアメイクを通してお客様の良さを一つでも多く導き出すことがスタイリストの役割だと思います。お客様のご要望に合わせてヘアメイクをすることはもちろんですが、その方に合ったスタイルを提案し、明日への自信を持っていただくことこそが何よりも大切だと思います。

同じ髪型でも、お顔立ちや骨格に合わせてボリュームの出し方をかえたり、お客様が気にされている部分をただカバーするのではなく、そこが「自信のあるポイント」となるヘアメイクをすることで、よりベストなスタイルをご提案できるように心掛けています。お客様から「新しい自分に気付けた」「似合わないと思っていた口紅を買ってみた」「撮影がとても楽しかった」など、今までと違った自分に挑戦するお客様を見られる時が本当に嬉しいです。これからもお客様の新たな一歩を踏み出すきっかけになるようなヘアメイクをご提供出来るよう、現状に満足せず、日々成長するスタイリストになります。